LX729SB-200A 0-2.0KPa微差圧計

●設置スペースを選ばない小型・軽量タイプ
●異常高圧突入にも影響を受けにくい独自の機構
●ヒステリシスの小さい高性能シリコーンダイヤフラム
●指針ぶれのないバンドリンク機構
●目盛範囲…0〜2kPa
●圧力単位…kPa
●圧力測定方式…差圧式
●受圧エレメント…ダイヤフラム
●測定ガス体…空気及び非腐食性ガス(液体は不可)
●目盛形状…エッジワイズ型(目盛長:約45mm)
●使用周囲温度…-10〜50℃(氷結なきこと)
●使用周囲湿度…90%RH以下(結露なきこと)
●計器本体耐圧力…50kPa
●外装材質…アクリル樹脂、PVC
●耐久振動…5〜10Hz全振幅:10mm、10〜50Hz加速度全振幅:39m/s2(3軸方向各2h)
●耐久衝撃…100m/s2(3軸方向各6回)
●適合配管…ビニール管またはゴム管(内径4)
●口金部…本体と一体成型
●口金極性…高圧側「H」、低圧側「L」のマークにて口金部に表示
●外径サイズ…81(W)×91(D)×28(H)mm
●重量…90g
●標準取付姿勢…垂直(指定)
●精度…±2.5%F.S以内(23℃にて)
●受付エレメント材質…シリコーンゴム
●受付エレメント耐圧力…20kPa
 
「その他」
 
東京のディーリングールームを携帯電話もまだ普及していない。相場の様子を知りたければ、ティーワンダールームに戻ってロイターモニターを見るか、開いている市場に直接電話をして聞くしかない。
 
途中でアレンジを加えたり、休止期間があったものの、日々のトレードの生データに基づいています。ちなみに私のブログでは、1年半(2010年10月〜2012年3月)にわたるロンドンーリング手法の成績をすべて公開しています。
 
(MPO の動向は、英ポンドを大きく左右するため、その動向が注目されている。即Fr即順願回国正式名称アメリカ合衆国時差(東調蜃庫時間)−14時間(夏時間:−13時間)
 
ファンダメンタルズ分析からテクニカル分析を利用することで、相場への戦略は立てやすくなります。上昇トレントにおいて、1時調整(利益確定)として、値が下がる時かおり、その時点て買い注文を入れること。

LX729SB-200A

LX729SB-200A 0-2.0KPa微差圧計 (LX729SB-200A)

定価(税込)
¥15,228
販売価格(税込)
¥15,228
在庫状態 : 在庫有り
数量